FC2ブログ

リョナ要素がたりないっ!のか?

LAB2UGの『ゲーム概要ページ』を作ってみました。
とはいってもまだ途中ですが・・・
http://nekonomemegame.blog.fc2.com/blog-entry-263.html


さて、多くの方からお叱りを受けたことありません。
『LABにはリョナ要素が全然ねぇぞっ!!』なんて言われたこともありません。

というわけで、新しい敵を製作開始。
世の中には『腹パン』というジャンルがあるようですね。
私にはまったく理解できませんっ!!!

苦痛に苦しむ表情とか最高ですっ!!!


と、私的には痛々しいリョナは苦手なんですが、コレくらいならと軽いリョナ要素を入れてみることにしました。

ボッコボコというわけではありませんが『グホォっ!!』って感じの軽いものです。

なのでリョナ期待の人はあまりきたいしないでくださいね(笑)

というわけで新敵。
『ハラパンマン(仮)』です。(Pixivページで動きます。)

画像ではダメージ時のモーションを流用していますが、現在コレ専用のモーションを製作しています。

そしてカエルのチョイエロもとりあえず完成。
あとはゲームに入れてから調整するって感じです。

ただちょっと悩みとして、上の二つのアニメーションが微妙に似通ってしまったこと。

ハラパンマンはお腹殴られてへたり込む。
カエルは足を取られてコケされて、へたれ込む。
つかみからの開放ダウンもへたれ込む。

一応全部違うように描いたつもりなんですが、作った自分以外が見たら流用かよとか言われそうです(汗

まぁそのときは描き直せばいっか(笑)

あ、あとカエルさんですが、ちょっと卑怯な手を使いますっ!!
それは・・・
色だけ変えてエロ有りカエルとエロ無しカエルを作っちゃいます。

敵の数を考えると、目標は現状でエロなし30体、エロ有り30体(微エロを含む)を目標にしています。
一つのエリア(洞窟エリアとか地下研究所エリアとか)あたりに3体ずつで考えているのですが、今回作るマップの規模を考えると足りなくなりそう・・・

ということで色違いで動きの違う敵がいたっていいじゃないかなと思いました。



次にゲーム側の進捗状況。
新敵の追加はとりあえず後回しにしてドットはドットで作りゲームの動作を少し見直す作業をしています。

かっこよくいうと・・・『アルゴリズムを見直すぜっ!!!』(アルゴリズムッテナニ)

理由は・・・
ちょっとフラグが少なくなってきた!!!

というわけでここらでプレイヤーの動作を整理することにしました。
CF2.5は変数の使用数に制限無いけど、フラグは32個までしか使えないという制限があります。

基本的にフラグはオンとオフだけなので変数でも同じことが出来るのですが、オンとオフどちらかの二択しかないものはフラグのほうが管理が楽なのでフラグを利用していたのですが、プレイヤーの動作も増えてきて、気づけば使えるフラグの数も残り5つほどになってしまっていました。

しかもよくよく見てみると一つの変数でいくつかのフラグをまとめられることに気づく。

その中でもダメージ関連は、通常ダメージ、吹っ飛び、敵からの拘束、体力0はそれぞれフラグで管理していたのですが、一つの変数でそれぞれに番号を与えて管理すれば変数一つでいけて、さらに今後も追加されるだろう動作の管理も楽になりそうなので、このフラグを変数に変える作業を行っております。

これでフラグ7つも減らすことができました。
さらに副作用で変数も2つ減らすことができました。

ただこういった作業をすると出てくるのがバグですよね・・・

今のところ問題はなさそうだけど・・・

システムを大きくいじるのは本当に度胸がいりますね(笑)

とりあえず、今週はドットはドット、ゲームはゲームで作って生きたいと思います。

最後にちょっとボヤキ・・・
レベルアップによるステータス変化、これで攻撃力を上げるかどうかを非常悩みます。
もっともゲームバランスに影響するところなんじゃないかと・・・

攻撃力は武器依存にして、攻撃力アップはアクセサリやアタッチメントなどで行うようにするかとか・・・
そうするとレベルアップの意味が前作と同様、HPのためだけになっちゃうし・・・

でも制約プレイなどをやってくれる人にとっては攻撃力アップは制約プレイの魅力を奪うことにもなりかねないし・・・
あとはスキルポイント制にするか・・・

ここらへんは本当に悩みますね・・・


ここからはいただいたコメントの返信をさせていただきますっ!

>筑前煮さん
フフフ、筑前煮さん・・・いいと言ってしまいましたねっ!!
後悔してももう遅いですよ(笑)
蛙合戦・・・検索して後悔してしまいました・・・
こ、これは・・・エロいっ!!!
確かにこのシチュはつかえそうですねっ!!
サエにもオスのカエルたちに群がってもらうことにしましょうか(ニヤリ
それよりなによりそのRPG(もどき)が非常に気になるのですが・・・ゴクリ

>ミルクパンツさん
サエは牛ではありませんっ!!
しぼっても何も出てきませんよっ!!!
この研究所が変態ばかりだとしてもそんな乳が出ちゃうような機械あるわけないですよっ!!
え?ないよね??

>白虎丸さん
黄昏のオードって何ぞやと思ったらPSのゲームだったんですね(笑)
まったくしりませんでしたよ(汗
弾丸の種類は実は結構考えていて、炸裂弾、貫通弾、火炎弾、跳弾などあったら面白くなりそうとは考えてはいるんですが、コレやっちゃうと本当に弾の管理が本当に大変になりそうですよね(笑)
ただでさえゲームバランスには頭を悩ましているのでここまで出来るかどうかが不安ですよ(笑)

>音葉さん
え?カエルは丸呑み要員ですよ??
このカエルたちは小さいですが、大きいカエルもいますし(ニヤリ
たぶんLAB2UGの初期の記事でチラッと試作を出したやつですが、私は忘れていません(笑)
ありがとうございますっ!
チョイエロでもガンガン入れていきますっ(笑)

LAB2UGゲーム概要(製作中)


コンセプト

前作にエロイアクションゲームではなくアクションゲームの中にあるエロをコンセプトにしてゲームを製作していきたいと思います。
あからさまにエロイというわけではなく、普通にアクションゲームをやっていてそこにやってくる突然のエロ要素といった感じです。
ゲームは楽しく爽快なアクションゲーム!
エロは良く動き(いろんな意味で)じっくり楽しめるアニメーション!

難易度は初心者でも出来るように、なおかつアクションゲームが得意な人には爽快にプレイできるようがんばります。

今作ではストーリーもわかりやすいように会話イベントなども追加していく予定です。


ストーリー

前作-Still Alive-から数週間後、研究所内も落ち着きを取り戻した頃。

研究所裏の地下研究施設兼採掘場に異変が・・・

不審者の目撃情報などもあり、ミサが調査に乗り出すが連絡が取れなくなってしまう。

そこで研究所長の命令でサエがイヤイヤ調査に乗り出すのであった。

ミサはどこへ行ってしまったのか・・・
サエの運命やいかにっ!!

っていうかこの研究所って変態ばっかりでなんなんだっ!!!

今日は真面目にいくぴょん。

今日久々に真面目に進捗状況の報告しようと思うぴょん。

と、その前に久々に身内宣伝だぴょん(笑)
相互リンクでお世話になっている『ドット置き場』の『ヒロインハンティング』の体験版が更新されてるぴょん!!
(実は結構前に更新されてたの気づかなかったぴょん・・・)
http://mikituu.blog18.fc2.com/

それと新しく『モサボックス』が相互リンクしてくださいましたぴょん。
イラストもドットもかなり好みで大好きだぴょん!
http://mosaboru.blog.fc2.com/


それでは進捗の報告だぴょん。

まず最初はマップだぴょん。

マップ関係は一部書き直しをしているぴょん。
前回坂道の動作を調整できたので、坂道をうまく使っていけるようにしているんだぴょん。

次は武器を一つ追加したぴょん。
武器の種類はピストルで初期装備の武器にする予定だぴょん!
ただ調整はまだで、現状では弓矢の動作を流用調整したもので、ボタンを押すと構えて放すと発射になっているんだぴょん・・・
最初は押した瞬間に発射にしようと思ったぴょんだが、連射の感じも悪くないし、どうするか悩みどころだぴょん。

もちろん今回もリロードはあるぴょん。
そして、今作弾数の制限も導入する予定だぴょん。
弾は敵のドロップか、ショップで購入という形にしたいぴょん。

基本的には弾切れは心配ないようにする予定ぴょんだが、それなら弾数制限入らない気もするぴょん。
どうするか本当に悩むぴょん・・・

最後に現在は新しい敵を製作中だぴょん!
それがコイツだぴょん。
チビフロッグ
こいつはとりあえずマップ上の敵のパターンが少ないとりあえずはエロなしでぴょんぴょん跳ね回ってくる普通の雑魚にする予定だったんだぴょん。

だけど生物系だとどうもなにかしらエロを入れたくなるのが人間の心理・・・
なぜエロ入れたくなるのか・・・

というわけで現在パンチラ程度のチョイエロアニメを製作中だぴょん。
ちなみに攻撃時のアニメはこんな感じだぴょん。
チビフロッグ2
ただほんとに微エロ過ぎて入れる必要あるのかは美妙なところだぴょん!

動機としては『ムラムラしてやった。他にも何回かやったことがある』ということだぴょん。

そういえばまだエロ要素が少なすぎだぴょん・・・
トラップ系や人間系のベースは結構描いているんですが、丸呑み系と機械系がまだ手付かずで寂しいぴょん・・・
丸呑みといったらやっぱりD-Gateさんとこのミリアさんで決まりだぴょん!!
今日の一枚がミリアさんだったので今日はテンションが高かったぴょん!
http://dgallon.blog75.fc2.com/


というわけで今回の進捗状況の報告を終えるぴょん。
いやぁやっぱ真面目に文章を書くと非常に疲れるぴょんな!!

こんな堅苦しい文章に最後まで付き合ってくれてありがぴょんございました!

ここからはいただいたコメントの返信をさせていただきます。

・・・ぴょん。

>ジャンピングニーは攻撃範囲が・・・さん
な、そんな発想があったとは・・・
まったく気づきませんでしたっ!!
そのときが来たらフンをきちんと拾って両方の足の裏に塗りこんで思い切りドロップキックを決めたやろうと思いますっ!!
・・・ぴょん

>音葉さん
ありがとうございますっ!!
私が大統領になったら、必ずエロゲー税をもうけ、エロゲーの保護、エロゲーの発展、エロゲーの購入の横領に尽力を尽くすしだいでありますっ!!
ちなみにあの汁エットの内容はもうしばらくお待ちくださいっ!!!
・・・だぴょん

謝罪会見

え~、先日は私事ながら、犬のフンをちゃんと持ち帰らないやつにわざとそのフンをふんでジャンピングニーをすると発言したことに、いくつか間違いをご指摘をいただきました。

私が間違えていました。

大変申し訳ございませんでしたっ!!!

正しくは、その踏んだ足で、スマホを見ながら歩いてきているやつがぶつかりそうになったところでジャンピングニーをしてやると訂正し、お詫び申し上げます。

これでこの間違った世の中を正して世の中を正していきたいと思いますので次の選挙ではどうかこのねこのめめっ!ねこのめめっに清き一票をよろしくお願いいたします!!!



話は変わってしまいますが・・・

LAB-Still Alive-のダウンロード数が5000本までカウントダウンが始まっていた!!!
夢の・・・夢の5000本まであと一息!!!

今、この感謝の気持ちは達成まで我慢しておきます!!
今回はあくまで前回の間違いの謝罪会見ですから・・・



さて、ゲームの進捗状況の報告です。

ナメクジ君が一段落したところで、ずーっと放置中だったレーザー関連の処理とその敵の製作を行っていました。

あと不安があったプレイヤーの坂道の動作を調整。
だいぶ形になりました。

というか基本的なシステムもまだ手を付けていないところがたくさんあるという事実に気づき衝撃・・・
とりあえず早く手を付けなきゃいけないと思いつつ後回し手にしてしまっている、会話イベントの部分を作らなきゃ・・・

おまけ
とりあえず書いてみた

タイトル『敵か味方か・・・』

悪い科学者
『よぉ、アンタがサエかい?』
『ここに先に進むカードがあるぜっ!!』
『おぉっと、ただで渡すわけにはいかねぇなっ!!』
『わかってるんだろ。男が女に求める対価だよっ!』

どうしますか?
●『はい』
  『いいえ』

あとは背景関連を少しだけ触りました。

とりあえず今週はマップとシステム関連のを作っていこうと思っています。

製作ツールをCF2.5に変えてから微妙にマップの作りにさを感じています・・・
といかなれていないだけだとは思うのですが、前使っていたアクツクがすごい楽だったって言うのもありますね。

アクツクの場合はマップチップを1枚にまとめてそこからピックアップして絵を描く感覚で配置できていましたら。
CF2.5の一枚一枚読み込んでっていうやり方にまだあまり慣れていないです。

また、やりかたも例えば32×32サイズのチップだけではなくほかのサイズでも作ったりクイック背景というのを使ったり手段が多すぎてどのやり方でいこうかというのだけでも結構悩んでしまいます。


ここからはいただいたコメントの返信をさせていただきます。

>んばじょさん
大変申し訳ありませんでしたっ!!
興奮していたとはいえこんな単純なケアレスミスしてしまうとは・・・
上記の通り訂正させいていただきました。
ご指摘ありがとうございました!
今後も進んでうんこを踏んでいきたいと思いますっ!!

>膝でうんこを踏む斬新な・・・さん
非公開コメントだったので名前は伏せさせていただきます。
ご指摘ありがとうございました!
こんな簡単なミスでお騒がして申しわけありませんでしたっ。
本当はジャンピングヘッドバットにするつもりだったのですが、さすがにそれは人としていけないと思い上記の通り訂正しました。
今後もこのようなことのないようまっとうな人間でいられるよう気をつけたいと思います!

>テンションあがり眼さん
なにをムラムラされているんですか?
わたくしはいつもいたって冷静でございますよ!
賢者タイム?なんですかそれ???
まったくけしからんですよ・・・
ふ、ふぉおおおおおおおおっ!!!

>以前ゲームの・・・さん
非公開コメントだったの名前は伏せさせていただきます。
事前、事後でネッチョンネッチョン差分作るのよさそうですねっ!
ただ他の敵との絡みのときとか考えると作るドットの数が大変なことになりそうです(笑)
ゲーム側で一時的に追従する形で液体を出せないかとかよく考えます!
しかし、コレは確かに追求してみる価値は十分にあるっ!!
究極のエロを求めてなにが悪いっ!!!
ネチョネチョな液体には男のロマンがあるのですよっ!!
・・・ふぅ、でもそこまでやる必要あるのかな?
あ、ゲーム制作がんばいりまぁすっ!

>白虎丸 さん
こんなネバネバなたらこ食べたら病気になりますよっ!
エロイ病という病気にw
幼女の視線はいつも感じているので大丈夫ですよっ!!
きっとみんな私の走る姿に憧れの目でみているのでしょう♪
運動しないと本当スタミナ落ちますねぇ(汗
運動的なスタミナだけでなく・・・性的な意味で(笑)
健全な性心は健全な体からですねっ!

新たなるテクニック

私はよく走っています。
ゲーム制作は運動不足になりがちなので、近くに緑地公園があり、夜な夜なそこで軽いジョギングをしているのです。
なんと健康的なことでしょう。

その緑地公園は歩道もありますが、木々の間も走れるので普通に走っているだけだとすぐ飽きちゃう私的にはたまにこういった林部分も走ったりしているのです。

そんなとき事件は起こりました。

足になにやら嫌な感触。

ぬかるみを踏んだにしては辺りの土は乾燥している。
立ち止まってその辺りを確認すると・・・

やっちまったっ!!!

こりゃあ犬のふんだっ!!!!

これには温厚で有名な私でも怒りを覚えましたね。

私は犬は嫌いではありません。
嫌いではありませんが、こういった自分のペットの粗相の責任を持たない飼い主が大っ嫌いです。

まったくなんなんだっ!!
土の上ならいつか土に還るからいいだろうとでも思ってんのかっ!!!
一応歩道だぞここっ!!!

あぁっ!ムラムラしてきたっ!!

いつか、その現場を見つけたら、わざとそのフンを踏んでそのフンを踏んだその足で思いっきりジャンピングニーをきめてやるからなっ!!!!


さて、ゲームの製作中、今まではアニメーションは遅いパターンと速いパターンとのアニメーションを切り替えてフィニッシュ寸前の高速感を出していた。

もちろんゲーム内でもアニメーションの速度を変えることが出来る。

しかしそれはただ速度を変更するだけなのでただ変えるだけだと味気ないし、高速時に表情が変わるといったことが無い。

私はそれがいやで、ループパターンは遅いときと速いときで別ドットを描いていた。

だが私は発見した。
変数を使えばただ速度を変化させるだけは無く、アニメーションの速度を加速的に変化させることができるのだ・・・

つまり、『あ、今速度が変わったな・・・』ではなく、『お!なんか段々早くなってきたぞ・・・』的なことで・・・

そして、これはなんとも・・・エロイっ!!!

作っている感じでもすっごいエロイよっ!コレっ!!!!!
おおおおっ!!!イクのか!!?イクのかっ!!!
いっちゃうのかぁぁあああ!!!!

ふぉぉぉぉぉおおおおおおおおおっ!!!!

ビクンビクン・・・

・・・ふぅ・・・

まぁ私はいたって冷静だがな。
さてというわけで今までのやり方に一工夫をいれてみたわけだ。

これはナメクジくんのfinish直前に導入してみたのだが、なかなか良かったのでモヒカン君のモミモミにもちょっと速度の変化を付けてみることにした。

以上、今回の進捗報告である。


というわけでちゃんとした進捗報告します(笑)

先週はひたすらゲーム部分の製作しました。
メインはナメクジ君の動作をメインに行い、おおよそ導入が完了。あとはバグが出ないことをいのるだけ(笑)

他には上記でも書いたとおりアニメーションの速度を加速や減速させるということが出来ることがわかったので、それをモヒカンのモミモミにも導入してみました。


ここからはいただいたコメントの返信をさせていただきます。

>すぱげてー眼さん
そうそう、こうやってサエにかけてあの独特のツブツブ感と匂いでおいしく召し上がれ・・・
ってちっが~うっ!!

>触手erさん
そうそう、ちょっと辛みをだしてピリリとおいしいっ!でも体に塗るとヒリヒリするよ・・・
ってちっが~~~うっ!!

こっ!!これが噂のカブセ技!!!
こういうの大好きです(笑)

>通りすがりさん
シルエットだけでごはん3杯だとっ!!
フ、私はこのコメントだけでごはん100杯は余裕だぜっ!!
・・・オロロロロッ!!!

悩みどころはいろいろと・・・

とその前に一つ言いたいことが・・・

パソコンとかテレビとかゲーム機とか購入すると説明書にこんなことが書いてあります。
『補償を受けるために箱はとっておいてください』・・・と・・・

ちょっとこのシステムなんとかしてくれませんかっ!!!
私の家が箱でいっぱいになってしまうんですがっ!!!!

ずーっと書こうと思ってすっかり忘れていたこと・・・やっとかけたぁ(笑)

というわけで・・・ナメクジ君のドットは全て完了しました!チカレター
とにかく時間がかかってしまいました・・・

その理由としてアニメーションの枚数もそうなんですが、粘液を描くという作業がいかんせ時間がかかった・・・

私の描き方としては敵との絡みは

大雑把にまずベースとなる敵とプレイヤーを描く。(キーフレーム)
次につながり部分を描く(ラフ)
プレイヤーの動きを描く。
敵の動きを描く。

といった感じなんですが、
この作業に粘液を描くという作業が加わります。

さらに粘液も敵側の粘液とサエ側の粘液とを分けて描いたので通常より時間がかかってしまった・・・
次は粘液控えめの敵を描きたいのですが、ブラックオクトパスとかも粘液出しそうだし・・・(汗

もうちょっと効率よく書ける方法はないか考えなくてはですね。

もう一つ時間がかかった理由はその粘液の扱いをゲーム中でどうするかで悩んだことですね。(現在進行形)
個人的には粘液部分は透明度を少し付けたほうがエロイっ!と思っているわけで・・・(アーアーアアアアアーアー♪)

ですが、今ドット絵描くのに使っているツールだと透明度をつけられないんです。
そこで考えられるやり方が二つ。

一つ目、本体部分と粘液部分とを別々のファイルとして書き出して他の透明度の使えるツールで合成する。

二つ目、ゲーム側で別のオブジェクトとして表示させ、アニメーションをシンクロさせる。

これにはそれぞれメリットとデメリットがあってドット打ちながらどっちがいいかを悩んでました。

まず一つ目のメリットとデメリット。
・メリット
ゲーム内でアニメーションオブジェクトを一つで済むし、アニメーションをリンクさせるプログラムを組む必要が無いのでゲームの軽量化とプログラムを簡素化できる。

・デメリット
画像を修正するときは、再び他のツールへ書き出して合成するなど手間がかかる。
ゲーム中での透明度の変更や調整が出来ない。

二つ目のメリットとデメリット。
・メリット
ゲーム内で透明度を変更できるため調整が容易で、ゲーム中でも少しずつ濃くとか薄くとかのエフェクトっぽいことが出来る。
画像修正のときは修正したあと導入が楽。

・デメリット
本体と粘液とオブジェクトを二つ設置することになり、アニメをシンクロさせるプログラムを組むのでゲーム側のプログラムとファイルの管理が面倒になる。

といった感じです。

とりあえずは、一つ目のほうで導入してみようと思っています。
さて、画像が無いのも寂しいので恒例のシルエットクイズ~!!

さて次の下の画像はなんの画像でしょうか??
ナメクジシルエット

とりあえずゲーム導入までは公開しないようにしておこうと思います。
体験版に入れるのはあと2、3体かなぁ??

さて、他にはゲーム部分も結構いじりました。
まずオプション周り。

V-Syncのオンオフを選べるように追加。
拘束時にオートズームのオンオフを追加。

ゲーム部分は上記に合わせて敵に拘束されたときにオートズームするように。
ズームのズーム率も3段階で変更可能に。(初期のズーム以外はアイテムゲットでよりズームできるようにする予定です。)

感覚的には初期ズームが前作と同じ位の大きさに(フルスクリーン時)
2段階目は上の1.5倍くらい。
3段階目は画面の高さ3分の2はサエが表示させるくらいのズーム率です。

とりあえず今週はこんな感じに作業をしておりました。

あとは私事ですが、虫歯の治療が全て終わりました♪
今まで虫歯で削れて噛み合ってなかったところが噛み合う様になり、心なしか飯がうまいっ!!

上の親知らずも虫歯になっていて、削れていたところが口中に刺さって痛かったんですが、それがなくなりかなりすっきりしました。
下の親知らずは歯茎に埋まっているようで、特に違和感や問題がなければそのままで何かあったときに抜けばいいでしょうとのこと。

あとは3ヶ月メンテナンスで来てくださいとのことで3ヵ月後、またおっぱい歯科衛生士さんに会えると思うとたのしみでたまりませんね(笑)


ここからはいただいたコメントの返信をさせていただきます。

>地図持ってキョロキョロさん
ちょ、どんな強面なんですか(笑)

>受験シーズンはさん
いやぁ、女子学生に声かけられるなら嬉しいんですけどねぇ・・・
私の場合はほとんどの場合はおばちゃんか、男ですよっ!!!
かわいい女の子に声をかけてきてもらいたい・・・
できればかわいい女の子が空から降ってきてほしいです・・・

>簡単な解決法さん
いやいや、今やネット社会・・・油断していたらネットでも道を聞かれてしまいそうです(汗

>通りすがりさん
うん、間違いないですよっ!!やつらはこっちが英語できないことをわかっているだけではなく絶対日本語を理解できているんだっ!
その証拠に日本語交じりのカタコト英語でもなぜか意思疎通ができているし(笑)

>音葉さん
遠出をしない限りスマホを持ち歩かない私が通りますよ~っと(笑)
そしてスマホを持っていないときに限って道をきかれるんですよねぇ(汗



« »

03 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
プロフィール

ねこのめめっ

Author:ねこのめめっ
なにやらあやしいアクションゲームを製作しているブログですw
ご意見、ご感想などのコメント、相互リンクは大歓迎です。
注:今製作中のゲームは成人向けです。

・販売中のゲーム
・DLsite.com
LAB-Still Alive-

・For DLsite.com ENGLISH
LAB -Still Alive-

DMM.com
LAB-Still Alive-

・予告中
販売用100サイズ

・DLsite版ブログ
こちらはこのFC2ブログでブログが見れなくなった時の連絡用になります。
ねこのめめっBlog

PIXIV
http://pixiv.me/nekonomeme

twitter
@nekonomeme

ご意見、ご感想、リンクの依頼などはこちからのアドレスからでもOKです。
メールアドレス
nekonomemegame@yahoo.co.jp

アクセスカウンター
バナー
nekobanner
labbanner2
個人的オススメアクション
ほとんど有名どころばかりですが個人的におもしろかったとおもったアクションゲームです。

GIRLvsGIRL(ver1.04) エロイーター
りょなげの缶詰 UnHolY SaNctuaRy
ヴィータ大脱出 parasite in city(1.03)
迷宮のマリオネット Kurovadis
ティファタンX2 コカゲの伝説 ~横スクロールHアクションゲーム~
TA-boo.ver1.2 セフィリア.FIGHT
みっくすりんちぃ Ver1.3 アイリス☆アクション
メカコアドベンチャ FIGHTDOLL VIBRATION
Bullet requiem -バレットレクイエム- サムライ・さくらメント
放浪都市 ミリア戦記DX
flowerfairy スクールドットファイト
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login